当店では古本を扱っています

大きな傷みなどは
商品ごとに特記していますが
多少のキズについては
記載していません

状態についてなど
気になることがございましたら お気軽に
お問い合わせフォームより
ご質問くださいませ





TweetsWind


東京都公安委員会公認
古物商許可
第308890808559号
杉田萌
ホーム 海外文学
 
◎一回のご注文につき送料一律200円

3000円以上で送料無料になります
 
商品一覧
海外文学
商品並び替え:

登録アイテム数: 26件
  説明付き一覧    写真のみ一覧
1 | 2 次のページ»
世界の文学 16 スパーク / オブライエン

世界の文学 16 スパーク / オブライエン

2,500円
スパーク「マンデルバウム・ゲイト」小野寺健 訳 オブライエン「ドーキー古文書」大澤正佳 訳 知る人ぞ知るアイルランドの作家オブライエンの奇想小説が収録。 「ドーキー古文書」 アイルラン…
世界の文学 31 ドノソ

世界の文学 31 ドノソ

5,000円
ドノソ「夜のみだらな鳥」鼓直 訳 人生は道化芝居ではない。お上品な喜劇ではない。それは、悲劇の地の底、飢餓から開花し、結実するものではないか。すべての人間は、狼が吠え、夜のみだらな鳥が鳴く騒然た…
大理石 

大理石 

1,000円
マンディアルグ  澁澤龍彦・高橋たか子 訳  澁澤に「イメージの渉猟者」と言わしめたフランス(1909年生)の作家の1953年発表の最初の長編小説。  人文書院 1991年・7刷 1…
夜想27 特集レーモン・ルーセル

夜想27 特集レーモン・ルーセル

1,000円
自身はシュルレアリストを名乗らずもシュルレアリストたちから崇拝されたフランスの鬼才レーモン・ルーセルの特集号。ミシェル・レリス、フーコー、寺山修二などがルーセルの魅力について語る。  ペヨトル工…
ひとさらい 

ひとさらい 

1,500円
ジュール・シュペルヴィエル jules Supervielle ひとさらい LE VOLEUR D'ENFANTS 1926  澁澤龍彦 訳  1970年に薔薇十字社により刊行されたものの…
レクイエム

レクイエム

2,000円
アントニオ・タブッキ  鈴木昭裕 訳  イタリアの作家タブッキがポルトガル語で記した作品。  あの男はもう来ない、とわたしは思った。そして、思いなおした。「あの男」呼ばわりはいけないな。…
セリーヌの作品11 死体派

セリーヌの作品11 死体派

2,500円
L=F・セリーヌ(1894〜1961)  長田俊雄 訳   1938年に発表された、反ユダヤ的な評論、パンフレットの文章を集めた一冊。本国フランスでは発禁で、世界各国でも翻訳されておらず本書だけ…
世界の文学 13 ブロッホ

世界の文学 13 ブロッホ

3,000円
  ブロッホ ウェルギリウスの死(1945) 川村 二郎=訳 集英社版 世界の文学 13 1977・初版 19.5×14×3cm 427p 状態◇函、ビニールカバー、月報つき …
世界の文学 28 カルペンティエール/マルケス

世界の文学 28 カルペンティエール/マルケス

1,000円
  カルペンティエール 失われた足跡(1953) 牛島 信明=訳 マルケス 大佐に手紙は来ない(1961) 内田 吉彦=訳 土曜日の次の日(1961) 桑名 一博=訳 集英社…
世界の文学 27 ガッダ/サングィネーティ

世界の文学 27 ガッダ/サングィネーティ

1,000円
  ガッダ アダルジーサ(1944) 千種 堅=訳 サングィネーティ イタリア綺想曲(1963) 河島 英昭=訳 集英社版 世界の文学 27 1977・初版 19.5×14×…
世界の文学 22 ヨーンゾン

世界の文学 22 ヨーンゾン

1,000円
  ヨーンゾン 三冊目のアヒム伝(1961) 藤本 淳雄=訳 二つの風景(1965) 大久保 健治=訳 集英社版 世界の文学 22 1977・初版 19.5×14×2.7cm …
アントナン・アルトー / タラユマラ

アントナン・アルトー / タラユマラ

アントナン・アルトー  伊東守男 訳 メキシコのインディアン、タラユマラス族との出会いから紡ぎだされる思考の軌跡。 タラユマラス族におけるペヨートルの儀式  ・タラユマラス族におけるペ…
修道士と絞刑人の娘

修道士と絞刑人の娘

アンブローズ・ビアス  『悪魔の辞典』で有名な作家の1892年発表の作品。 一人の若い修道士の宗教的生活と世俗的な愛の問題を扱ったゴシックロマンス。 創土社 1980年・初版 19×…
猫のムトンさま

猫のムトンさま

A・P・ド・マンディアルグ 著 ピエール・アレシンズキー 挿画 黒木 實 訳 本書は屑籠から逃れて知人や編集者の手を転々としていたため、今まで作品リストにものぼっておらず、その存在すら知られ…
アントニオ・タブッキ / フェルナンド・ペソア最後の三日間

アントニオ・タブッキ / フェルナンド・ペソア最後の三日間

アントニオ・タブッキ  和田忠彦 訳  1935年11月。フェルナンド・ペソアは聖ルイス・ドス・フランセゼス病院で死の床に就いていた。苦悶の三日間、ポルトガルの偉大な詩人は、訪れたかれの異名た…
ベアト・アンジェリコの翼あるもの

ベアト・アンジェリコの翼あるもの

アントニオ・タブッキ  古賀弘人 訳  短編集。作者の「覚え書き」によると、これらの短編は「完成に至らなかったひとつの全体を生き延びた、よる辺ない破片のごとくに、内部を持たないそれらの奇妙な外…
島とクジラと女をめぐる断片

島とクジラと女をめぐる断片

アントニオ・タブッキ  須賀敦子 訳  ポルトガル沖合はるか遠方の、アソーレス諸島に繰り広げられる、クジラと難破船と愛の物語―。幻想味が絶妙の鬼才が、その実験的小説作法を極限にまで押しすすめ、…
夢のなかの夢

夢のなかの夢

アントニオ・タブッキ  和田忠彦 訳  タブッキが愛した芸術家たちの「夢」を想像し綴った短編が20編詰まった奇妙な小説集。ねじれたかたちでの芸術家たちへの批評になっていておもしろい。 青…
供述によるとペレイラは・・・・・・

供述によるとペレイラは・・・・・・

アントニオ・タブッキ  須賀敦子 訳  ポルトガル、リスボンの暑い夏。スペインで市民戦争が激しさを加えている頃、この小さな隣国にもファシズムの影が忍びよっていた。小さな新聞社の文芸欄主任ペレイ…
遠い水平線

遠い水平線

アントニオ・タブッキ  須賀敦子 訳  スピノザは、イベリア系のユダヤ人で、目のなかに、遠い水平線をもっていた。われわれが動くと、水平線も動く。だから、水平線とは、幾何学的な表現だ。私の登場人…
  説明付き一覧    写真のみ一覧
1 | 2 次のページ»
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス