当店では古本を扱っています

大きな傷みなどは
商品ごとに特記していますが
多少のキズについては
記載していません

状態についてなど
気になることがございましたら お気軽に
お問い合わせフォームより
ご質問くださいませ





TweetsWind


東京都公安委員会公認
古物商許可
第308890808559号
杉田萌
ホーム 音楽
 
◎一回のご注文につき送料一律200円

3000円以上で送料無料になります
 
商品一覧
音楽
商品並び替え:

登録アイテム数: 36件
  説明付き一覧    写真のみ一覧
1 | 2 次のページ»
水牛通信 1978ー1987

水牛通信 1978ー1987

3,500円
「水牛通信」の9年間を年代順に4つに分けて当時の記事を掲載。間に藤本和子、田川律、柳生まち子、高橋悠治の特集をはさんで、この伝説のインディペンデント雑誌の全貌がわかる一冊。 メンバーである平野甲賀に…
ブライアン・イーノ / A YEAR

ブライアン・イーノ / A YEAR

5,000円
ブライアン・イーノの1995年の日記本。デビッド・ボウイ、U2、パヴァロッティ、ローリーアンダーソンとの仕事の日々、身辺雑記、メモ、思索の様子が赤裸々に綴られる。 600ページを超える充実の内容。 …
デレク・ベイリー / インプロヴィゼーション

デレク・ベイリー / インプロヴィゼーション

1,500円
即興音楽家・ギタリストの雄デレクベイリーが、インド音楽、フラメンコ、バロック音楽、教会オルガン音楽、ロック、ジャズ、現代音楽などの演奏家たちとの対話から、即興演奏とはなにか、浮かび上がらせる。 …
秋山邦晴 / 現代音楽をどう聴くか

秋山邦晴 / 現代音楽をどう聴くか

1,000円
表紙のジョン・ケージがまぶしい一冊。装丁は平野甲賀。「どう聴くか」という書名だがいわゆるHow to本ではない。ケージやクセナキス、サティ、黛敏郎や武満、などを「どう聴いているか」という旨の文章を収録…
音楽のおしえ

音楽のおしえ

1,500円
高橋悠治  60年代から現在に至るまで、思考をめぐらせ、様々な可能性をさぐり実践してきたピアニスト・音楽家のエッセイ集。ときに詩のような言葉の連なりからあらわれるものにはっとさせられる。 …
エリック・サティ

エリック・サティ

1,000円
アンヌ・レエ 著  村松潔 訳  天才か奇人か? とかく誤解されがちなサティを生涯と作品の両面から解き明かした評伝。ピカソ、ピカビア、コクトーたちとの共同作業も丹念に辿られ、当時のパリの精神的…
ユリイカ 1997年1月号 特集「ジョン・ゾーン」

ユリイカ 1997年1月号 特集「ジョン・ゾーン」

2,500円
〜音楽と音とは関係ない〜 ジョン・ゾーン自身による「クズ映画についてのノート」、FAXによる書簡「『処女の臓腑』のジャケットをめぐって」(ジョンのひらがながかわいい!というかよく書けるなあ…)、…
ユリイカ 2005年3月号 特集「ポスト・ノイズ」

ユリイカ 2005年3月号 特集「ポスト・ノイズ」

1,000円
〜越境するサウンド〜 大友良英、菊地成孔、大谷能生による鼎談を皮切りに、佐々木敦の「音楽・ノイズ・神、あるいはエクスタティック・ピース!」、秋田昌美とAtsuoの対談、畠中実「ポスト・ノイズ/ポ…
マイルス・デイビスの世界

マイルス・デイビスの世界

800円
岩浪洋三 編  現在たくさんのマイルス本があるが、本書はその元祖と言っていい。豪華な執筆人による論考・エッセイを多数収録。詩人・白石かずこによる「マイルスへのラブ・レター」は読み応えあり。 …
モダン・ジャズの伝統

モダン・ジャズの伝統

800円
M.ウィリアムズ著 韮塚敏夫 訳  彼が本書で言わんとしていることはむしろ簡潔明白なことである。 「打楽上の意味におけるリズムの変遷ではなくて、旋律を創造して行く時の“アクセントのパルス(律動…
モダン・ジャズの世界

モダン・ジャズの世界

500円
岩浪洋三 著  この本はモダン・ジャズへの入門書的性格をもたせて新しく書下ろしたものだが、私自身の考え方も積極的に反映させたつもりである。ジャズメン・ハイライトの部分では、モダン・ジャズの重要な…
ジャズの前衛を求めて

ジャズの前衛を求めて

1,000円
岩浪洋三 編 ボリス・ヴィアンの訳者で有名な伊東守男による「神話なきジャズを求めて」を筆頭に佐藤允彦「インプロヴィゼイション再考」、清水俊彦のオーネット・コールマン論など、読み応えのある記事が並…
100人のジャズメン

100人のジャズメン

800円
荒地出版社 編  日本で初めてといっても良いモダンジャズ演奏家事典。石原幸夫のカバーイラストがかっこいい。 荒地出版社 1970・改訂2版 316p 19.5×13.3cm 状…
瀬戸内の困ったガキ

瀬戸内の困ったガキ

500円
坂田明 山下洋輔トリオ、ミジンコ研究、最近ではジムオルークとの共演が記憶に新しいサックス奏者・坂田明による昭和30年代の広島での少年時代を回想したエッセイ。表紙絵・本文イラストは荒井良二。 …
音楽の霊性―ニューエイジ・ミュージックの彼方に

音楽の霊性―ニューエイジ・ミュージックの彼方に

800円
ピーター・バスティアン 澤西 康史 訳 1987年、デンマーク。一冊の本がセンセーションを巻き起こした。巨匠チェリビダッケの愛弟子にして、過激なバスーン奏者。王立音楽学校の教師にして、ヨーガの…
ジャズ・アヴァンギャルド

ジャズ・アヴァンギャルド

1,500円
清水俊彦 フリージャズを日本に紹介した先駆者である著者が1967年から1989年までのジャズ・アヴァンギャルドの流れを、4つの時期に分けて捉えなおした一冊。「前衛ジャズ関連年表」は見応えあり。 …
エル・フォルクローレ

エル・フォルクローレ

1,000円
浜田滋郎 フォルクローレには、大航海時代以来の南米大陸の歴史が刻まれている。インディオの唄と器楽演奏。スペインの都市音楽。アフリカ黒人のリズム。この“混血”音楽の魅力を解き明かし、ユパンキをはじ…
ジャズ・ストリート

ジャズ・ストリート

800円
W・M・ケリー 黄寅秀 訳  ニューヨーク出身の作家による1965年発表の「A Drop of patience」の翻訳。盲目の黒人トランペット奏者が主人公の小説。 晶文社 1971・3…
ポール・オリヴァー / ブルースの歴史

ポール・オリヴァー / ブルースの歴史

ブルースは黒人の叫びだ。南部の綿農場から北部の都市スラムまで、黒人のいるところにはブルースがある。ブルースのさまざまな形態やロックへの影響、多くのミュージシャンの歩みを辿り、500枚におよぶ写真をそろ…
ユリイカ 1994年5月号 増頁特集「フランク・ザッパ 越境するロック」

ユリイカ 1994年5月号 増頁特集「フランク・ザッパ 越境するロック」

ザッパのインタヴュー3本、山本直樹、清水俊彦、秋田昌美、大里俊晴らの文章、鈴木慶一と八木康夫による対談も収録。白眉は「越境、と言い出す馬鹿がいる、あのザッパにだ。〜」で始まる岸野雄一によるディスコグラ…
  説明付き一覧    写真のみ一覧
1 | 2 次のページ»
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス