当店では古本を扱っています

大きな傷みなどは
商品ごとに特記していますが
多少のキズについては
記載していません

状態についてなど
気になることがございましたら お気軽に
お問い合わせフォームより
ご質問くださいませ





TweetsWind


東京都公安委員会公認
古物商許可
第308890808559号
杉田萌
ホーム
 
◎一回のご注文につき送料一律200円

3000円以上で送料無料になります
 
商品一覧
商品並び替え:

登録アイテム数: 38件
  説明付き一覧    写真のみ一覧
1 | 2 次のページ»
秋山基夫 / オカルト

秋山基夫 / オカルト

1,000円
詩を読む怖さは、 会談を読む恐怖にどこか通じている。 文体創造に挑戦する力業の新詩集。(帯より) 思潮社 2007年・初版 23×15.4cm 107p ハードカバー 状態◇帯…
守中高明 / 系族

守中高明 / 系族

1,200円
わたくしたちの在ることは すでに解き得ぬ糸車 聖たちよ、盲目の聖たちよ、 今日、二人はどこへ生まれるか (帯より) 思潮社 2009年 19.5×13.3cm 138p ハードカ…
清水哲男 / 緑の小函

清水哲男 / 緑の小函

1,200円
不如意と憤りと悲しみの日々……しかし、半世紀をこえる時の流れにきっぱりとした航跡をひく何物かがある。激しいうねりに翻弄されるかに見える記憶の小函。そのなかに託されているのは、なけなしの希望、なのだ。大…
谷郁雄 / 北京の日本人

谷郁雄 / 北京の日本人

1,000円
個の収歛と普遍化を巧みに交錯させながら、 現代の情感を見事に象る気鋭の第三詩集(帯より) 思潮社 1995年・初版 21.5×14.8cm 124p ハードカバー 状態◇署名あり…
加島祥造 三好豊一郎 / 寄友

加島祥造 三好豊一郎 / 寄友

1,000円
君のなかのおれはいつも 君の背後の野原をあちこち 我を忘れて遊びまわる若者だった。 おれのなかの君はいつも 小川にそって、ゆっくりと歩いてゆく 中年の男だった。いずれにしろおれは 君に追い…
清水昶 / 天皇陛下の銀時計

清水昶 / 天皇陛下の銀時計

800円
90年代前半に雑誌に発表したエッセイ・論考をまとめた一冊。 邑書林 1995年・初版 19.4×13.5cm 211p ハードカバー 状態◇美品
杉山平一 / 詩と生きるかたち

杉山平一 / 詩と生きるかたち

1,200円
いのちのリズムとして詩は生まれる。詩と真実を語る。 詩と形象、詩と音楽。ことばの源流。 大阪の詩人・作家たち。三好達治の詩と人柄。 花森安治を語る。丸山薫その人と詩。竹中郁氏の手紙。(帯より) …
コマガネトモオ / 背丈ほどもあるワレモコウ

コマガネトモオ / 背丈ほどもあるワレモコウ

1,000円
曇天の夜、あてのない旅。伸縮する尺度、灼熱と冷淡、淡い明け方の予感―意志の及ぶ範囲を越えて、あふれていくまなざし。その速度をたどって。(帯より) シリーズ新しい詩人(5) 思潮社 2006年…
三角みづ紀 / はこいり

三角みづ紀 / はこいり

1,000円
2014年萩原朔太郎賞を最年少受賞した三角みづ紀による29歳のときの第四詩集。 思潮社 2010年・初版 19×13cm 103p ソフトカバー 状態◇帯と表紙角にスレあり、本体美…
山崎るり子 / 終わらない絵画展

山崎るり子 / 終わらない絵画展

1,000円
美しい朝 大丈夫。 空からは何も落ちてこない いろいろな人が描いたいろいろな絵、どんなふうにホールの壁に並べよう。 いろいろ空想していると、一人の時間があっという間に過ぎていくのです。(帯より…
野村喜和夫 / ヌードな日

野村喜和夫 / ヌードな日

1,000円
ヌードな日、 そぎ落されたのだ、 危機のいまを生きる戦慄そのままに、 言葉が言葉を駆り立て、生が死を、死が生を駆り立てる。 101の肉のパレードが剝きあらわれ、12の防柵がきらめく。 詩…
辻井喬 / 鷲がいて

辻井喬 / 鷲がいて

1,000円
屋根つきの長い回廊を行き交う われわれの日常、 その上を過ぎ越していく 波の音と飛沫。 何かに少しずつ浸食され、 何かが少しずつ壊されていく―― 敗戦後を行き抜いてきた詩人が いま果敢に…
池井昌樹 / 月下の一群

池井昌樹 / 月下の一群

1,000円
だれよりもみちたりてひとり ひそかに光冠をはなつひととき これらは…ある日、あるとき、あるみちすがら、突如として私へ差し込んできた月の光だった。あるいは…たえまないいやおうなさのはて、ある辺境の海…
荒川洋治 / 空中の茱萸

荒川洋治 / 空中の茱萸

800円
人間が直面していることに臆せず向き合う  かつて「若い現代詩の暗喩の意味を変えた」という吉本隆明氏の歴史的賛辞をほしいままにした詩人は、いま「修辞的現在」から脱却して、「詩の現在」そのものを根本から…
城戸朱理 / 世界―海

城戸朱理 / 世界―海

1,500円
世界が一冊の詩集なら、ここに記された言葉の一切は現象となって海に溶けだす すべてを解き明かすための極北の書物 地上にあるもの、」その一切が燃えている (帯より) 思潮社 2010年 21.…
城戸朱理 / 幻の母

城戸朱理 / 幻の母

1,500円
これだったのか、 川が一途に夢見たのは―― 届きえぬ起源に辿りつくために 詩人はおわりなき旅をつづける 百年後の文学のための 比類なき砂の書物 (帯より) 思潮社 2010年・初版…
天沢退二郎 / 御身あるいは奇談紀聞集

天沢退二郎 / 御身あるいは奇談紀聞集

1,500円
冷沢の冷子ちゃん そんなつめたい物言いは ないだろうじゃないか 足が踵からとけていくような 熱い湧水だって 背骨に沿ってひとすじふたすじ 言葉の墓場の地下道を あるいてるんだってば …
入沢康夫 / かつて座亜謙什と名乗つた人への九連の散文詩

入沢康夫 / かつて座亜謙什と名乗つた人への九連の散文詩

1,000円
菅井汲の絵「黒鬼」をあしらった表紙が印象的な入沢康夫70年代の詩集。宮沢賢治研究で有名な入沢が賢治に向けて書いた詩の5つのヴァリエーションを収録。 青土社 1978年・初版 22×15.…
入沢康夫 / 遐い宴楽 とほいうたげ

入沢康夫 / 遐い宴楽 とほいうたげ

1,500円
わたしたちは 脆く壊れやすい一生を授けられてここに集ふ わたしは誰? 誰? 誰? だれなの?そして ここ ここはどこ?どこなの? どこなの?(帯より) 書肆山田 2002年・初版 21.5…
渋沢孝輔 / 星曼荼羅

渋沢孝輔 / 星曼荼羅

1,000円
ゆがみ狂いがちな時を刻みながら凋落してゆくこの世紀の終わり。 地球という星とともに遙かに旋回する宇宙を、心の散乱と集中に言葉の掻き傷を重ねて凝視する渾身の散文詩集。 (帯より) 装画は荒川修作+…
  説明付き一覧    写真のみ一覧
1 | 2 次のページ»
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス