冬へ

冬へ

販売価格: 1,200円(税込)

数量:

商品詳細

荒木経惟

東京の街、人、ヌード…。ページをめくっていくと、「冬へ」と題されている通り、だんだんと温度が下がっていくように感じられる。妻・陽子が病床で死に向かっているときに撮られた写真で構成されていることが如実にあらわれているのだろう。街が黒く塗りつぶされていくかのよう。写真はすべて6×7のタテ位置。左右の写真の対比がおもしろい。巻末には伊藤俊治の文章と合田佐和子との全写真を見ての対話も収録。

マガジンハウス
1991年・3刷
23.8×18.7cm
130p

状態◇表紙カバースレ、天にシミあり

詳細写真