当店では古本を扱っています

大きな傷みなどは
商品ごとに特記していますが
多少のキズについては
記載していません

状態についてなど
気になることがございましたら お気軽に
お問い合わせフォームより
ご質問くださいませ





TweetsWind


東京都公安委員会公認
古物商許可
第308890808559号
杉田萌
ホーム美術・イラスト図録 青山時代の岡本太郎 1954-1970 現代芸術研究所から太陽の塔まで
 
◎一回のご注文につき送料一律200円

3000円以上で送料無料になります
 
商品詳細
岡本太郎デザインのテキスタイルの表紙が目をひく一冊。様々な芸術家・デザイナーたちとの交流が垣間見える写真や、当時の作品のカラー図版が掲載。テキストも充実。


1954年5月、岡本太郎は東京・青山、現在の骨董通り近くにアトリエ(現岡本太郎記念館)を構えました。坂倉準三建築研究所によるモダンなアトリエ兼住居を、岡本は「現代芸術研究所」と称し、自らの芸術運動の拠点と宣言します。彼がここで目論んだのは、戦後の活動から一歩広がりをもたせ、丹下健三や柳宗理ら先鋭の建築家やデザイナーらも巻きこみ、より総合的に前衛芸術運動を再燃することでした。この時期の岡本は、日本のグッドデザイン運動の先駆けである「国際デザインコミッティ」(現日本デザインコミッティー)への参加や、美術家同士の連携をはかる「アート・クラブ」で代表をつとめ、アンフォルメル流行のきっかけとなる「世界・今日の美術」展を実現するなど、周囲との連携のなかで新たな芸術運動の道を探りました。
やがて1961年に二科会を脱退するのを機に、単独で、より直接的に大衆へ訴える方向に転換していきますが、50年代での活発な人的交流は、その後 1970年の日本万国博覧会の太陽の塔へとつづく岡本の展開をみるのに欠かせない大きな基盤となるものでした。本展では、デザイン的な活動など岡本の知られざる面をご紹介するとともに、1954年から1970年までの彼の劇的な展開を人々との交流とあわせて読み解いていきます。(本書「ごあいさつ」より)

川崎市岡本太郎美術館
2007年
21.5×15.4cm
289p
ハードカバー

状態◇背に少々キズあり。概ね良好

図録 青山時代の岡本太郎 1954-1970 現代芸術研究所から太陽の塔まで

販売価格: 2,000円 (税込)
数量:

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス