当店では古本を扱っています

大きな傷みなどは
商品ごとに特記していますが
多少のキズについては
記載していません

状態についてなど
気になることがございましたら お気軽に
お問い合わせフォームより
ご質問くださいませ





TweetsWind


東京都公安委員会公認
古物商許可
第308890808559号
杉田萌
ホームこどものとも273号 かじやとようせい スコットランドの昔話
 
◎一回のご注文につき送料一律200円

3000円以上で送料無料になります
 
商品詳細
スコットランドの昔話 
三宅忠明 再話
荻 太郎 画

福音館書店
1978年
32p
26×19cm

こどものとも 273号

状態◇表紙・裏表紙にスレ、折れ跡
   最後のページに汚れあり 5mmほど


273号 かじやとようせい スコットランドの昔話

販売価格: 1,200円 (税込)
数量:
詳細写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
 
むかし、スコットランドのある村の、鍛冶屋の息子がある日急に病気になってしまい、日に日に痩せ衰えてゆきます。
ものしりの老人は「ようせいのとりかえっこかもしれないぞ。」と言います。

丈夫で働き者の息子ですから、父はたいそう心配をします。

(画像をクリックすると大きく見られます)
 
老人の言うとおり、水を入れたたまごの殻をできるだけ重そうに運ぶと…
ベットの中のこどもが「かっかっかっかっ。わしはもう800年もいきているが、こんなばかげたことをするのをみるのは、はじめてだ」笑い出します。
それから燃やした火の中に投げ込んで妖精を追い出すと、老人は今夜開くという妖精の丘を目指せと教えてくれる。

たまごの殻に水を入れて重そうに運ぶ…、ちょっと滑稽ですが、こういった民話に卵の殻はよく出てくるようです。
恐ろしくも不思議なおはなし。子供に読み聞かせたら、記憶に残る一冊になるかもしれません。
(画像をクリックすると大きく見られます)
 
持っていくのは、短剣と雄鶏、聖書。
しくじると次に開くのは1年先ですって。

さあどのようにして、息子を助けることができるのでしょうか?
父親の気持ちを想像しながら読むと、なんともハラハラしますが、最後には立派な鍛冶屋になってくれてめでたしめでたし、といったところでしょうか。

ケルト地方に伝わる民話のひとつの再話。
悪い妖精や、その正体を見破る方法、子供と妖精が入れ替えられてしまうこと、取り戻し方、など様々な要素が含まれている。



  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス