当店では古本を扱っています

大きな傷みなどは
商品ごとに特記していますが
多少のキズについては
記載していません

状態についてなど
気になることがございましたら お気軽に
お問い合わせフォームより
ご質問くださいませ





TweetsWind


東京都公安委員会公認
古物商許可
第308890808559号
杉田萌
ホーム美術・イラストジャコメッティ / エクリ
 
◎一回のご注文につき送料一律200円

3000円以上で送料無料になります
 
商品詳細

矢内原伊作・宇佐見英治・吉田加奈子 共訳

 

 

ミシェル・レリスとジャックデュパンの序文から始まる本書は、ジャコメッティが生前発表したすべての文章と対話、未発表の文章、そして手帖やノートから採られた未完の文章を収録。

 

形をなしている文章においても、走り書きのメモにおいても、アルベルト・ジャコメッティは、その造型作品において様式を目ざしたりしてはいないのと同様に、文体というものを目ざしたりしてはいない。彼がしようとしているのはただ、何かをとらえること、言うべきことをつかむことだけだ。今、死の暗いサロンの高い暖炉の上に身を置いて、頭も体もないジャコメッティは、ここに集められた文章と対話を通して語っている。渦をまいて燃える火であることをやめない彼の言葉を。――ミシェル・レリス

 

この本を開いて現れる頁のどの片隅においても、アルベルト・ジャコメッティの作品と生をつかさどっていった三つの主な欲動の競合と連動とが疑う余地なく見えてくる。この彫刻家のエネルギーと輝きが、それらの欲動を突き動かし、引っぱり、方向を与え、明確な形を与える。三つの、そのひとつひとつが全きものである源。幼年期、女性、そして死。決してひとつに結ばれたことはなく、決して本当にはばらばらにほどかれたこともない……。書かれた文の一つ一つに、空虚の存在が緊張を、息を、絶えず疑いを忘れぬ力を、そして無限に開かれてゆくその動きを与えている。――ジャック・デュパン

(「序文」より)

 

みすず書房

1994年・初版

21.5×15.5cm

455ページ

 

状態◇カバー少々傷み、本体に経年ヤケ少々あり


ジャコメッティ / エクリ

詳細写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
 
ブルトンとジャコメッティの会話
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
 
立っているアネット

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス